2006年06月10日

2nd.stage 第7号【他力のマイナスは他力で修復される】

 WBCで日本が優勝して初代の世界一になりましたね。
 前号の【ご挨拶】でWBCのことに触れたので、
 読者の方から次のようなメールをいただきました。
 (抜粋して整形してあります)


○━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━○
○                                 ○
○   「開運のススメ!」2nd.stage                 ○
○     開運プロモーターluckyが贈る幸せになるための第二章    ○
○                                 ○
○━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━○
    まぐまぐエンタテイメント部門新着ランキング4位獲得

                           2nd.stage 第7号

 ■等幅フォントでご覧になることをお勧めします。
----------------------------------------------------------------------

 【ご挨拶】


 皆様こんにちは。開運プロモーターのluckyです。


 前号でここに書こうと思っていたのですが、
 WBCの件を先に書かねばと思って、
 そのまま書き忘れてしまったことがあります(笑)。


 何かというと「お彼岸」についてなんですね。
 時期を逃してしまいましたが書いておきましょう。


 「お彼岸」というのはご存知のとおり、
 春分、秋分の日前後にお墓参りなど先祖を敬う行事を行うことですね。
 でもこの行事は世界中で日本だけのことだそうです。


 お墓参りなどを行うので仏教の行事だと思っている方が多いと思いますが、
 実はこれは神道からの行事だそうです。
 だから仏教の発祥地のインドや仏教国であるアジア各国でも、
 お彼岸という行事はないのです。


 春分、秋分の日というのは、
 昼と夜の長さが同じになる日というのはご存知ですね。
 つまりこの日は太陽が真西に沈むんです。


 「彼岸」というのは「彼の岸」と書きますが、
 「彼の」というのは天国とか極楽とか、要するに神の領域のことなんです。
 で、この神の領域というのが神道では西方にあると考えられていたのです。


 そして神道の中心神といわれている天照大神が太陽の化身であることから、
 一年で太陽が真西に沈むこの時期を「お彼岸」と名づけて、
 先祖を敬う行事を行ってきたわけです。


 もうお彼岸を過ぎてしまいましたが、こんなことも頭に入れて、
 先祖を敬う行事を考えてみるのもいいのではないでしょうか。

 


 【音声配信=運命を変更する場合の手数料】(メルマガ購読者限定)


 これはあとからメルマガをご購読いただいた方のために、
 特に期限を設けずに設置していますので、
 まだお聞きになっていない方はぜひお聞きになってみてくださいね。

 メルマガに毎回同じことを書くのもスペースを取るだけですので、
 ページにまとめました。
 このページはホームページからリンクしておりません。
 このメルマガでしかご案内しておりませんので、メルマガ読者限定です。


 「音声配信=運命を変更する場合の手数料」
  http://www.bonz.co.jp/kaiun/onsei.htm

 


 【ココプラ】にご招待


 「ココプラ」は、「ブログ付きソーシャル・ネットワーキング・サービス」
 というインターネットのサービスで、ブログも無料で書くことができ、
 おまけにお友達が増えてしまう、という画期的なサービスです。


 http://www.kokoroplanet.jp/preview.kp?ii=62257163
 ↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑
 ここから「ココプラ」の一部をご覧になることができます。
 ここから登録するだけでluckyのお友だちとして登録されます。


 招待がないと「ココプラ」には参加できません。
 登録すると自分のお友達も招待することが出来ます。


 誰でも無料で参加できます。
 luckyとお友達になりたい方は、ぜひご参加ください。

 


 【メルマガランキング】


 このメルマガが役に立つと思われた方は、ぜひクリックにご協力ください。
 最近皆様のご協力が少なく下がってきています(泣)。
 さて現在何位にいるのでしょう?

 Click→ http://mlrank.com/linkrank_b/in.cgi?id=lucky&cg=34
 


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

 【新しくご購読いただいた皆さんへ】


 新しくご購読いただいた皆さん、はじめまして。
 このメルマガは真剣に「開運」を願う人に、
 本当の意味での「開運」を解説するメルマガです。


 お気楽な「開運話」や「占い」と思って
 購読していただいた方には申し訳ないですが、
 これはあなたの運命を「占う」メールマガジンではありません。
 あなたの運命を「変えよう」とするメールマガジンです。


 お気楽な「占いメルマガ」を期待してご購読いただいた方は、
 申し訳ありませんが、ご遠慮なくメルマガ下部のURLから解除してください。


 バックナンバーは下記でお読みいただけます。
 新しくご購読いただいた皆さんは、ぜひバックナンバーもご覧ください。


 セカンドステージからのバックナンバーは、
 とりあえず「melma!」のバックナンバーをご利用ください。
       ↓
 「melma!」バックナンバー
  http://www.melma.com/backnumber_120189/


 ファーストステージのバックナンバーはこちら
       ↓
 blog「開運のススメ!」
  http://blog.livedoor.jp/lucky_hn/


 基本的には週一程度の発行になります。
 皆様からのご意見・ご感想・ご質問などがあった場合には、
 臨時発行することがあります。

 

 「luckyの開運理論」についてはホームページがありますので、
 ご興味のある方はそちらをご覧ください。

 「開運のススメ!」ホームページ
  http://www.bonz.co.jp/kaiun/


 ホームページでは、「無料メールセミナー」を受付中です。
 メルマガを発行するたびに増加して、すでに561名の方が受講されています。


 受講2回目にして開運の兆しが現れた方も出ています。
 ご興味のある方は、ぜひ受講してみてください。


 たった2週間で開運の兆しが現れる!
 「無料!開運メールセミナー」
  http://www.bonz.co.jp/kaiun/1.htm

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


 これを読まれている全ての方の、開運を真剣に願っております。
 どうか一刻も早く開運してください。
 そしてあなたの運を、次の方にも分けてあげてください。


 ご意見・ご感想・ご質問・開運報告などお待ちしております。
 下記のいずれの方法でもかまいません。
 お寄せいただいた感想などは、個人を特定できる情報を省いて、
 このメルマガやホームページで紹介させていただくかもしれません。
 掲載不可の場合はその旨お申し出ください。

 開運掲示板
  http://www.bonz.co.jp/kaiun/bbs/tobbs/tobbs.cgi
 メール
  http://www.bonz.co.jp/kaiun/mail/

 
 【読者の方へのお願い】


  よろしければ「まぐまぐ」の「読者さんの本棚」にご紹介ください。
  これも幸せを人に分けてあげる第一歩ですよ。
  下記アドレスから投稿できます。
  http://www.mag2.com/wmag/osusume/toukou.htm

 


───────────────────────────────────
          ↓↓↓これより本文↓↓↓
───────────────────────────────────


 【他力のマイナスは他力で修復される】


 WBCで日本が優勝して初代の世界一になりましたね。
 前号の【ご挨拶】でWBCのことに触れたので、
 読者の方から次のようなメールをいただきました。
 (抜粋して整形してあります)


------------------------------ここから--------------------------------

 luckyさんの予言がまた当たりましたね。
 ホリえもんのときは残念ながらあと出しになってしまいましたが(笑)、
 今回は明らかに事前なので大当たりでしょう。


 正直2回負けている韓国に勝つのも難しいし、
 まして優勝まで行くと本気で思った方も少ないのではないでしょうか?
 もちろん私もそうなることを願ってはいましたが。


 決勝戦は職場のテレビに噛り付いて応援していましたが、
 優勝が決まった瞬間感動とともに、
 luckyさんがメルマガに書いていたことを思い出しました。


 優勝するといわれたわけではないですが、やはりあれは予言なんでしょう?
 luckyさんには優勝することがわかっていたんでしょう?
 何でそんなことがわかるのか、
 またメルマガで解説していただけないでしょうか?

------------------------------ここまで--------------------------------


 あれは予言ではありません(笑)。
 ただ優勝する可能性は非常に高いと思っていました。
 確信がなかったのと前回で懲りているので、予言にはしませんでした。


 luckyにわかっていたことは今号の表題の
 「他力のマイナスは他力で修復される」ということだけです。
 これはluckyが発見した運命の法則のひとつです。


 以前「すべては必然である」と書きましたね。
 あなたの現在の状況もこれから起こることも、
 すべてはあなたの判断と行動の結果だと書きました。


 でも実際には自分の力でどうにもならない現象も起こります。
 例えば自然災害や事故に巻き込まれる等がそうですね。


 こういったことも地球や宇宙といった大きな意味で言えば必然なんですが、
 一個人にとってこれを必然だといわれると理不尽だと思いますよね。


 でも自分以外の力で起こったマイナス要因は、
 自分以外の力で修復されるのです。


 今回のWBCでいえばあの誤審がそうです。
 録画で見ても明らかにセーフのプレイがアウトとジャッジされました。
 塁審がセーフと言ったのにアウトに覆されました。


 誰もが理不尽と思ったことでしょう。
 あの判定はアメリカの都合でしかありません。


 それ以上に点を取れば勝てたじゃないかという意見も成り立ちます。
 しかしあの誤審で日本が負けたことについては異議がないでしょう。


 自分以外の力によって、勝てたはずの試合に負けたのです。
 これを「他力のマイナス」といいます。


 「他力のマイナス」を自力で修復するには、
 想像を絶するぐらいの努力が必要です。
 自力で修復できるぐらいのマイナスであれば、
 そこには「自力のマイナス」が、
 かなりの割合で含まれていたということになります。


 「他力のマイナス」を「自力」で修復するのは非常に困難です。
 ところが「他力のマイナス」は「他力」で修復されるのです。


 WBCでいえばあの敗戦で予選敗退がほぼ確実視されていたのが、
 アメリカが負けたことでトーナメントに進出することが出来たのです。


 アメリカを破ったのはメキシコで、
 日本の努力でどうにかなったわけではありませんね。
 またアメリカがメキシコに負けると誰が予想したでしょう。


 「他力」によって絶望的になってしまった未来が、
 「他力」によって修復されたのです。


 なぜこんなことが起こるのでしょう。
 これは「すべては必然である」ということと矛盾しません。


 日本にとってあの誤審は「他力のマイナス」ですが、
 アメリカにとってはどうなんでしょう。


 こんな言い方が許されるなら、アメリカはズルをして勝ったわけです。
 実力ではなく、不正な方法で幸運を先取りした場合は、
 それが負債となって残ります。


 「幸運の負債」ってわかりますか?
 もっと簡単な言葉で言えば「幸運の借金」です。
 つまり正当でない方法で幸運を先取りしたわけですから、
 将来起こるはずだった幸運がなくなってしまうのです。


 ですからアメリカが予選敗退したのはアメリカにとって必然だったのです。
 日本にとっては「他力のマイナスを他力が修復した」のですが、
 アメリカにとって予選敗退は「借金の返済」だったのです。


 そして「他力のマイナス」で絶望的だったはずの予選通過が叶った日本は、
 本来起こるはずだった幸運を将来に得ることになったのです。
 つまり「幸運の貯金」ですね。


 一方韓国やキューバにとってはどうだったのでしょう。
 アメリカの「幸運の負債」によって負けたとしたら納得できないですよね。


 実際韓国野球委員会は秋以降の日韓再戦を希望しているそうです。
 日本のWBC優勝に「実質的には2勝1敗で韓国に負けた」と言うのです。


 luckyの考えでは日本、韓国、キューバの実力には、
 ほとんど差がなかったのではないかと思っています。


 実力に差がなかったとしたら、勝ったり負けたりは確率の問題です。
 2敗したのだから、今度は勝つ確率が高かったといえるでしょう。
 一度マイナスに沈み込んだ日本がプラスに転じた勢いに負けたのです。


 キューバにとっても日本の勢いに抗しきれなかったということでしょう。
 実力が迫中していた場合は勢いのあるほうが勝ちます。


 一度マイナスに沈み込んだものがプラスに転じるときは、
 すべての力が一点に集中されます。


 監督が考えていること、選手が考えていること、
 ベンチが、そして日本のファンが考えていることが一致したのです。


 キューバも最後まであきらめず、粘り強く食い下がってきましたね。
 あのキューバの粘りも予想できたので、優勝に確信がもてなかったのです。


 luckyは試合の進行をラジオで聞いていましたが、
 我慢できずに9回だけは仕事を中断してテレビで見てしまいました(笑)。


 イチローがタイムリーを打ったときに勝利を確信しましたが、
 それでも優勝が決まった瞬間までハラハラしていました。


 本当に良い試合でしたね。
 こんな解説抜きでも感動できる試合だったのではないでしょうか。


 それにしてもイチローがとんでもなく素敵でした。
 以前にもイチローが「開運した人」だと言いましたが、
 WBCでのイチローの態度や発言で、
 惚れ直した人も多かったのではないでしょうか。


 イチローといえば現役時代の王監督のように努力と才能の人、
 孤高の人というイメージが強かったですが、
 監督やチームメイトに対する思いやりとか、
 チームを引っ張っていったリーダーシップが十分に感じられました。


 前号ではイチローを侍っぽく見えると書きましたが、
 アメリカではイチローは実は忍者ではないかとの噂もあったそうです(笑)。


 結局一人きりではどんなに努力しても幸せにはなれないのです。
 目的に向かって一緒に歩んで行けるパートナーとかチームメイトとか、
 ともに喜び合える仲間が必要なんですね。


 WBCは一時的なチームに過ぎませんが、
 韓国戦〜キューバ戦の期間については、
 全員が一種の神懸り的状態にあったのではないでしょうか。


 この状態については心理学者のチクセントミハイという人が、
 「フロー」という名前をつけて、
 「フロー理論」というものを提唱しています。


 「フロー」についてはluckyが解説するには難しすぎるのですが、
 要するに「内発的欲求に従って何かに没頭している状態」なのです。


 フロー状態に入ると偶然(シンクロ)が次々起こり、
 出来事が収まるべきところに収まり、障害が消え去るそうです。
 まさに神がかり状態ですね。


 ソニーのロボット犬「AIBO」の生みの親である天外伺朗(土井利忠)が、
 CDやAIBOの開発中のチームに、
 この「フロー」が起こっていたと述べています。


 WBCの日本代表チームにも、
 この「フロー」が起こっていたのではないでしょうか。
 だからこそ優勝できたのだとluckyは思っています。


 前号の【ご挨拶】で「こういうときには予想以上に実力を発揮しますよ」
 と言ったのは、この「フロー」が起こっているのを感じたからなんです。
 全員の歯車が見事にかみ合っていたのですね。


 以上が前号の【ご挨拶】で述べた内容の解説です。
 予言などではないことがわかっていただけたでしょうか?


 あの誤審は日本にとって理不尽極まりないジャッジであり、
 日本にとって不運としか言いようのないものですが、
 にもかかわらずあの誤審がなければ、
 日本が優勝することはなかったと断言しておきましょう。


 すべては必然なのです。
 ただそれぞれの人にそれぞれの必然がありますから、
 未来を正確に予測することは非常に難しい問題です。
 必然を完全に理解するには、
 個人の都合などではなく宇宙規模での必然を考えなければなりません。


 皆さんも内発的欲求に従って「フロー」状態を経験してみてください。
 宗教的な「至高体験」と同じ状態が体験できますよ。


 (参考文献:「運命の法則」天外伺朗著 飛鳥新社 2004年11月発行)

 


----------------------------------------------------------------------

 「開運プロモーターluckyのおすすめ書籍」
 http://www.bonz.co.jp/joho/osusume/sikou.html

----------------------------------------------------------------------
 【開運推進会会員のメルマガ】

 起立性調節障害児のお子様をお持ちのお母様方に
 経験談を通じ悩みの解消と励ましのエールを送るメルマガです。

 「起立性調節障害児と生きる」
  http://www.geocities.jp/morisen3/

----------------------------------------------------------------------


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【編集後記】


 前項の本文であるサプリメントについては、
 予想通り反応は少なかったのですが(笑)、
 余談のWBCについての方がいろいろメールをいただきました。


 それだけ皆さんの関心が高かったのでしょうね。
 野球をよく知らない人たちの間でも、
 WBCの話題で持ちきりでした。


 WBCは野球発祥の地であるアメリカが、
 自国の力を誇示するために行ったなどといわれていますが、
 ものの見事にアメリカが消し飛んでしまいました。


 そのアメリカでさえ日本代表チームのユニフォームや、
 関連グッズがバカ売れして品切れ状態だそうです。


 もし今あなたの身の上に他力による理不尽な不運が起こっていたとしたら、
 それは幸運の貯金かもしれません。


 それがプラスに転じたときにはあなた自身がフロー状態になって、
 爆発的に飛躍できる瞬間かもしれませんよ。

 


                世界中のすべての人の幸せを願って・・・

----------------------------------------------------------------------

 ぜひ皆様もご意見、ご感想、ご質問、そして応援メッセージも、
 メールや掲示板にお寄せください。
 時間がかかっても必ず読ませていただき、
 出来る限りお返事させていただきます。


 ご意見・ご感想・ご質問・開運報告などは、
 ホームページの掲示板をご利用ください。

 「開運掲示板」
  http://www.bonz.co.jp/kaiun/bbs/tobbs/tobbs.cgi

 掲示板では人に見られると困るというような場合は、
 メール送信フォームをご利用ください。

 「開運のススメ!メール送信フォーム」
  http://www.bonz.co.jp/kaiun/mail/


 【お願い】
 このメルマガに返信すると、
 luckyのメルマガ発行用メールアドレスに届きます。
 ですからスパムメールやウィルスメールが届く事が多いです。
 そのためこのアドレスはメルマガ発行専用にしか使っていません。
 このアドレスに届いたメールは読まずに削除しますので、
 メールを送る際は必ず上記メール送信フォームからお送りください。

----------------------------------------------------------------------

 ★このメルマガは全文掲載する条件で、転送自由です。
  皆さんもぜひお友だちにご紹介ください。
  部分的に転載する場合は必ず出典を明らかにしてください。

  メルマガを発行している、あるいはこれから発行しようとしている人で、
  「開運のススメ!」と相互紹介してほしいという方は、
  上記のメール送信フォームからご連絡ください。

  バックナンバー、サンプル誌、紹介文などを拝見させていただいた上で、
  お返事させていただきます。

  発行部数、ジャンルなどは問いませんが、
  「開運のススメ!」の主旨と反するものや違法性のあるもの、
  アダルトコンテンツやネットワークビジネス関連はお断りします。


  雑誌・メルマガ・ホームページなどでご紹介いただくのも歓迎します。
  ぜひご連絡ください。

===================================
 ■◇このマガジンは下記の配信システムより配信しています。

     【まぐまぐ 】http://www.mag2.com/
     【 melma! 】http://www.melma.com/
     【メルマガ天国】http://melten.com/

 ■等幅フォントでご覧ください。

┏━購読解除・配信先変更は━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃                                 ┃
┃  当方での購読解除等の手続きは一切行っておりません。      ┃
┃  ●購読解除URL・・http://www.bonz.co.jp/kaiun/merumaga.htm ┃
┃                                 ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

◆━━━━━━━━━━━━≪ お問い合わせ ≫━━━━━━━━━━━━◆

 □発行者:lucky
 □問合せ:http://www.bonz.co.jp/kaiun/mail/
 □URL:http://www.bonz.co.jp/kaiun/
 ※当メールマガジンに掲載された記事の著作権は、luckyにあります。

◆━━━━━━━━━ COPYRIGHT (C) 2006 lucky ━━━━━━━━━━━◆

posted by lucky at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | メルマガバックナンバー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/19098604
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。