2006年06月10日

2nd.stage 第12号【「いただきます」って言ってますか?】

 もうだいぶ前、一月ごろに、
 「いただきます」論争というのがあったのをご存知でしょうか?


 最近luckyの行きつけサイトの掲示板でこの話題があったので、
 そのことについてこのメルマガでも書いておこうと思いました。


○━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━○
○                                 ○
○   「開運のススメ!」2nd.stage                 ○
○     開運プロモーターluckyが贈る幸せになるための第二章    ○
○                                 ○
○━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━○
    まぐまぐエンタテイメント部門新着ランキング4位獲得

                           2nd.stage 第12号

 ■等幅フォントでご覧になることをお勧めします。
----------------------------------------------------------------------

 【ご挨拶】


 皆様こんにちは。開運プロモーターのluckyです。


 最近どうしてこんなに子供を狙った犯罪が多いのでしょう。
 それでなくても少子化で子供の数が減っているのに、
 未来を担っていく大切な子供を殺してどうしようというのでしょうね。


 昔の犯罪は暴力団同士の抗争とか、
 政治家の陰謀などが多かったように思うのですが、
 最近の犯罪はお年寄りとか子供などの弱者を狙ったものが多いですね。


 警官が万引きしたり教師がセクハラしたりアナウンサーが盗撮したり、
 なんだか情けなくなりますね。


 luckyが若いころ起こった3億円事件などは、
 誰も殺さず被害は保険会社だけということで、
 むしろカッコよく思えてしまいます。


 もちろん犯罪はいずれにしても悪いことで、
 暴力団や3億円犯人が良いなどというつもりはありませんが、
 より卑劣で病的なものになっているように感じるのはluckyだけでしょうか。

 


 【メルマガランキング】


 このメルマガが役に立つと思われた方は、ぜひクリックにご協力ください。
 最近皆様のご協力が少なく下がってきています(泣)。
 さて現在何位にいるのでしょう?

 Click→ http://mlrank.com/linkrank_b/in.cgi?id=lucky&cg=34
 


 【音声配信=運命を変更する場合の手数料】(メルマガ購読者限定)


 これはあとからメルマガをご購読いただいた方のために、
 特に期限を設けずに設置していますので、
 まだお聞きになっていない方はぜひお聞きになってみてくださいね。

 メルマガに毎回同じことを書くのもスペースを取るだけですので、
 ページにまとめました。
 このページはホームページからリンクしておりません。
 このメルマガでしかご案内しておりませんので、メルマガ読者限定です。


 「音声配信=運命を変更する場合の手数料」
  http://www.bonz.co.jp/kaiun/onsei.htm

 


 【ココプラ】にご招待


 「ココプラ」は、「ブログ付きソーシャル・ネットワーキング・サービス」
 というインターネットのサービスで、ブログも無料で書くことができ、
 おまけにお友達が増えてしまう、という画期的なサービスです。


 http://www.kokoroplanet.jp/preview.kp?ii=62257163
 ↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑
 ここから「ココプラ」の一部をご覧になることができます。
 ここから登録するだけでluckyのお友だちとして登録されます。


 招待がないと「ココプラ」には参加できません。
 登録すると自分のお友達も招待することが出来ます。


 誰でも無料で参加できます。
 luckyとお友達になりたい方は、ぜひご参加ください。
 参加されましたら「ココプラ」からluckyにメッセージを送ってくださいね。


 時々luckyの招待で参加された方がいらっしゃるようなのですが、
 ほかのメルマガでも招待していますのでメッセージをいただかないと、
 luckyにはどんな人なのかまったくわかりません。
 是非「開運のススメ!」の読者ですよーとご連絡ください。

 


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

 【新しくご購読いただいた皆さんへ】


 新しくご購読いただいた皆さん、はじめまして。
 このメルマガは真剣に「開運」を願う人に、
 本当の意味での「開運」を解説するメルマガです。


 お気楽な「開運話」や「占い」と思って
 購読していただいた方には申し訳ないですが、
 これはあなたの運命を「占う」メールマガジンではありません。
 あなたの運命を「変えよう」とするメールマガジンです。


 お気楽な「占いメルマガ」を期待してご購読いただいた方は、
 申し訳ありませんが、ご遠慮なくメルマガ下部のURLから解除してください。


 バックナンバーは下記でお読みいただけます。
 新しくご購読いただいた皆さんは、ぜひバックナンバーもご覧ください。


 セカンドステージからのバックナンバーは、
 とりあえず「melma!」のバックナンバーをご利用ください。
       ↓
 「melma!」バックナンバー
  http://www.melma.com/backnumber_120189/


 ファーストステージのバックナンバーはこちら
       ↓
 blog「開運のススメ!」
  http://blog.livedoor.jp/lucky_hn/


 基本的には週一程度の発行になります。
 皆様からのご意見・ご感想・ご質問などがあった場合には、
 臨時発行することがあります。

 

 「luckyの開運理論」についてはホームページがありますので、
 ご興味のある方はそちらをご覧ください。

 「開運のススメ!」ホームページ
  http://www.bonz.co.jp/kaiun/


 ホームページでは、「無料メールセミナー」を受付中です。
 メルマガを発行するたびに増加して、すでに588名の方が受講されています。


 受講2回目にして開運の兆しが現れた方も出ています。
 ご興味のある方は、ぜひ受講してみてください。


 たった2週間で開運の兆しが現れる!
 「無料!開運メールセミナー」
  http://www.bonz.co.jp/kaiun/1.htm

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


 これを読まれている全ての方の、開運を真剣に願っております。
 どうか一刻も早く開運してください。
 そしてあなたの運を、次の方にも分けてあげてください。


 ご意見・ご感想・ご質問・開運報告などお待ちしております。
 下記のいずれの方法でもかまいません。
 お寄せいただいた感想などは、個人を特定できる情報を省いて、
 このメルマガやホームページで紹介させていただくかもしれません。
 掲載不可の場合はその旨お申し出ください。

 開運掲示板
  http://www.bonz.co.jp/kaiun/bbs/tobbs/tobbs.cgi
 メール
  http://www.bonz.co.jp/kaiun/mail/

 
 【読者の方へのお願い】


  よろしければ「まぐまぐ」の「読者さんの本棚」にご紹介ください。
  これも幸せを人に分けてあげる第一歩ですよ。
  下記アドレスから投稿できます。
  http://www.mag2.com/wmag/osusume/toukou.htm

 


───────────────────────────────────
          ↓↓↓これより本文↓↓↓
───────────────────────────────────


 【「いただきます」って言ってますか?】


 もうだいぶ前、一月ごろに、
 「いただきます」論争というのがあったのをご存知でしょうか?


 最近luckyの行きつけサイトの掲示板でこの話題があったので、
 そのことについてこのメルマガでも書いておこうと思いました。


 事の発端はTBSラジオの「永六輔その新世界」という番組で、
 紹介された一通の手紙です。


 「給食の時間に、うちの子にはいただきますと言わせないでほしい。
 給食費をちゃんと払っているんだから、言わなくていいではないか」
 というような内容だったようです。


 皆さんはどう思いますか?
 皆さんが食事をするとき、
 「いただきます」「ご馳走様でした」と言っていますでしょうか?


 「給食費をちゃんと払っているんだから」ということは、
 「食材や作った人の労力の対価は払ったのだから、
 それ以上感謝の意を表さなくてもいいでしょう」ということでしょうか?


 だとしたらこの方はとんでもない勘違いをしていますね。
 皆さんは「いただきます」に籠められた本当の意味をご存知でしょうか?


 「いただきます」はもちろん食事を作ってくれた人への感謝の気持ち、
 食材を作っている農家や漁師さんなどへの感謝の意味もあります。


 luckyが子供のころ「米という字は八十八と書くんだよ」と教えられました。
 お米が食べられる形になるまで、
 なんと八十八回も人の手が掛かっているというのです。


 だからたった一粒でもおろそかにしてはいけない、
 「お茶碗に残った最後の一粒まで残さず食べなさい」ということなんですね。


 luckyの子供時代は高度経済成長直前で物が無い時代で、
 貧乏で物が買えなかったということもあったのかもしれません。


 子供の数も多くて食事のときは兄弟で取り合って、
 しょっちゅう喧嘩しながら食べていたものでした。


 そのせいもあるのかもしれませんが、
 luckyは今でも(たとえ不味くても)食べ残すということに、
 罪悪感すら感じてしまうんです。


 家での食事なら食べ残したものは次の食事のときに食べれば良いんですが、
 外食したときはそういうわけには行きませんから、
 健康のため腹八分目を心がけていてもつい食べ過ぎてしまいます(笑)。


 子供のころ外食して食べ切れなかったら、
 お袋がluckyの残したものを食べていました。
 たぶんまだお腹が空いていたからではないと思います(笑)。


 親がしていることを子供は見ています。
 それがどういうことかその時にはわからなくても、
 無意識の教育になっているんだと思います。


 「もったいない運動」などもあるようですが、
 コンビニで賞味期限切れの弁当を捨てていたり、
 北海道で牛乳が余って大量に捨てていたり、
 それって豊かな暮らしというんでしょうか?


 最近はあまり叫ばれてないですが、
 食糧危機も解消されたわけではないですよね。


 便利さと収益性を重視して、手間をかけることや環境を軽視して、
 この国の政策は何か間違っていますよね。


 企業が利益を追求するのは使命ですが、
 国がそれに歯止めをかけないとどんどん環境は破壊され、
 人の心はどんどん荒んでいきます。


 「いただきます」にはこのように、
 食材や作った人に対する感謝の意味もありますが、
 実はもっと大切な意味があるんです。

 


 それは我々が食べるものには命があるということです。
 人間は土を食って水を飲んで生きていくわけにはいかないのです。


 人間が食べるものには魚介類や植物などであっても、
 そこには必ず命がありますね。
 残酷な言い方かもしれませんが、人間は他の命を食って生きているのです。


 他の命を「いただいて」自分の命の糧とするわけですから、
 「いただきます」と言わない人は「いただいて」はいけないのです。


 さらに今日も命をもらって生きていることへの、
 感謝の心も忘れてはいけません。


「いただきます」は作った人の労力の対価ではありません。
 お金を払ってチャラになるようなものではないのです。


 なんか宗教くさい話になってしまいましたが、
 そういうことをぜひ子供たちにも教えてあげてくださいね。


 これはマナーなどという次元のものではないです。
 学校であれ家庭であれ、外食であっても関係ありません。


 自分が生きるために、
 他の多くの命を奪っているのだということを忘れないで欲しいものです。


 自然界の動物たちは食べる目的以外では他の動物を襲ったりしません。
 満腹のライオンはそばにシマウマがいてものんびりと寝そべっています。
 自分が生きるため以外に他の命を「いただく」ことは無いのです。


 猟犬は飼い主の指示に従って他の動物を襲います。
 これは人間がそのように飼いならしたからです。


 猫も食べもしないのに昆虫や小鳥を弄ぶことがあります。
 これも長年人間に飼われたために野生ではなくなっているからです。


 犬の野生種である狼や、
 猫の野生種である山猫などはそういうことをしません。
 人間でさえ石器時代にはそんなことはしなかったでしょう。


 野生の動物に肥満や糖尿病などいませんね。
 それは彼らの食料が常に不足しているためではなく、
 自分の生命を維持できるだけの食料しか獲らないからです。


 今日の食材のほとんどは、
 人間が食べるために栽培したり飼育したり養殖したものです。
 それでも彼らにそれぞれ命があることは明白です。


 子供のころからこういうことを理解して育っていれば、
 小学生や幼児を殺すような人間にはならないでしょう。


 「いただきます」は食事の挨拶や号令ではありません。
 まして「お金を払ったから言わなくても良い」ようなものではないのです。


 親や家族が言っているから自然と言うようになった、
 習慣として言っているだけという人もいるかもしれません。


 こういうことは親や身近な大人が教えてあげなければなりません。
 学校でもここまで教えてくれる先生はいないでしょう。


 「いただきます」に籠められた本当の意味を理解して、
 食事のたびに命の大切さを思い起こせば、
 食べ散らかしたり食べ残したり出来ないはずです。


 「いただきます」「ご馳走様」はとても大切な精神なのです。
 皆様も冷蔵庫の中で食材を腐らせることの無いよう気をつけてくださいね。


 食べられるために収穫されたものが、
 食べられずに死んでいくのはあまりにもかわいそうです。

 


 あまり開運とは関係が無い話と思われたかもしれませんが、
 実はこれがこれまで度々言っている「宇宙生命エネルギー」というものを、
 luckyが発見した原点なのです。


 でも長くなってしまいましたので、
 それについては次回のメルマガでお話しましょう。

 


----------------------------------------------------------------------

 「開運プロモーターluckyのおすすめ書籍」
 http://www.bonz.co.jp/joho/osusume/sikou.html

----------------------------------------------------------------------
 【開運推進会会員のメルマガ】

 起立性調節障害児のお子様をお持ちのお母様方に
 経験談を通じ悩みの解消と励ましのエールを送るメルマガです。

 「起立性調節障害児と生きる」
  http://www.geocities.jp/morisen3/

----------------------------------------------------------------------


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【編集後記】


 今回のネタを拾った掲示板は、
 luckyの運営する漫画関連のサイトで知り合ったお友達のものです。


 普段は恐竜の話やフィギュアの話、生物の話などで盛り上がっていますが、
 時々こういう社会的あるいは政治的話題も出ます。


 書き込んでいる人はそれほど多くは無いのですが、
 管理人さんの性格からか、
 とてもしっかりした考えを持った優しい人ばかりです。


 luckyは時間が無くてあまり書き込み出来ていませんが、
 いつも感心しながら見ています。


 管理人さんは元漫画家のイラストレーターさんなのですが、
 以前紹介したluckyのCDのジャケットをデザインしてくれた人です。


 コミックシティというコミケのようなイベントで大阪にいらしたときに、
 luckyが訪ねて行って実際にお会いしたこともあります。
 小柄でとても素敵な女性でした。


 コミケにも度々出展されているようなので、
 行かれることがあったら探してみてください。


 恐竜の漫画やフィギュアなどを展示されていればその方です。
 恐竜の漫画はその方以外、多分いないと思います(笑)。

 


                世界中のすべての人の幸せを願って・・・

----------------------------------------------------------------------

 ぜひ皆様もご意見、ご感想、ご質問、そして応援メッセージも、
 メールや掲示板にお寄せください。
 時間がかかっても必ず読ませていただき、
 出来る限りお返事させていただきます。


 ご意見・ご感想・ご質問・開運報告などは、
 ホームページの掲示板をご利用ください。

 「開運掲示板」
  http://www.bonz.co.jp/kaiun/bbs/tobbs/tobbs.cgi

 掲示板では人に見られると困るというような場合は、
 メール送信フォームをご利用ください。

 「開運のススメ!メール送信フォーム」
  http://www.bonz.co.jp/kaiun/mail/


 【お願い】
 このメルマガに返信しないでください。
 このメルマガに返信すると、
 luckyのメルマガ発行用メールアドレスに届きます。
 ですからスパムメールやウィルスメールが届く事が多いです。
 そのためこのアドレスはメルマガ発行専用にしか使っていません。
 このアドレスに届いたメールは読まずに削除しますので、
 メールを送る際は必ず上記メール送信フォームからお送りください。

----------------------------------------------------------------------

 ★このメルマガは全文掲載する条件で、転送自由です。
  皆さんもぜひお友だちにご紹介ください。
  部分的に転載する場合は必ず出典を明らかにしてください。

  メルマガを発行している、あるいはこれから発行しようとしている人で、
  「開運のススメ!」と相互紹介してほしいという方は、
  上記のメール送信フォームからご連絡ください。

  バックナンバー、サンプル誌、紹介文などを拝見させていただいた上で、
  お返事させていただきます。

  発行部数、ジャンルなどは問いませんが、
  「開運のススメ!」の主旨と反するものや違法性のあるもの、
  アダルトコンテンツやネットワークビジネス関連はお断りします。


  雑誌・メルマガ・ホームページなどでご紹介いただくのも歓迎します。
  ぜひご連絡ください。

===================================
 ■◇このマガジンは下記の配信システムより配信しています。

     【まぐまぐ 】http://www.mag2.com/
     【 melma! 】http://www.melma.com/
     【メルマガ天国】http://melten.com/

 ■等幅フォントでご覧ください。

┏━購読解除・配信先変更は━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃                                 ┃
┃  当方での購読解除等の手続きは一切行っておりません。      ┃
┃  ●購読解除URL・・http://www.bonz.co.jp/kaiun/merumaga.htm ┃
┃                                 ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

◆━━━━━━━━━━━━≪ お問い合わせ ≫━━━━━━━━━━━━◆

 □発行者:lucky
 □問合せ:http://www.bonz.co.jp/kaiun/mail/
 □URL:http://www.bonz.co.jp/kaiun/
 ※当メールマガジンに掲載された記事の著作権は、luckyにあります。

◆━━━━━━━━━ COPYRIGHT (C) 2006 lucky ━━━━━━━━━━━◆
 
 
 
posted by lucky at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | メルマガバックナンバー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。